第30回記念「ツール・ド・おきなわ2018」大会

【レース報告】 2018年11月11日(日)
【第30回記念「ツール・ド・おきなわ2018」大会】
TEAM ZERO UNO FRONTIERより伊藤優以、田中典行の2名が出場。

「市民レディースレース50km」にて、伊藤優以が優勝を勝ち取りました。

同レース前年2位の伊藤は、今年の50kmで雪辱を晴らすべく努力を積み重ねてきました。 今回の優勝までの過程は、彼女の実力を着実に大きく向上させました。
今後は、新たな目標に向かってまた前進してゆきます。

伊藤選手をはじめ、チーム所属選手に応援宜しくお願い致します。

下記、今回優勝した伊藤選手のコメントです。


「私にとって、ツール・ド・おきなわ50㌔というのは、5年前に自転車に乗りたての何もわからずに走った1回目、それからこの大会を一年の目標として迎えて来た思い入れの深い大会です。

個人的にこの5年間は自転車を取り巻く環境も意識も毎年微妙に、そして時に大きく様変わりする中、今年は本当に沢山の人に巡り会い、助けが有り、もちろん不安は有りましたが、一番恵まれ充実した状態でレースに臨む事が出来ました。
今回の勝ちは周りの助けが有るからこそ得た結果ですので、去年より大変お世話になっているチームの監督に対しその恩を少しでもお返しする事が出来た事、自転車ゼロの状態から今まで、呆れながらも側にいてくれる地元の愉快で優しいチームメイトが喜んでくれた事、私を鍛えてくれる優しく厳しく強い練習仲間、応援し期待してくれている人達に良い報告が出来た事を本当に嬉しく思います。

次の目標ですが、 ①全日本ロードレース ②ニセコクラシック ③ツール・ド・おきなわ女子国際100㌔ の3つと考えています。
現実的に今の状態は課題だらけであり、来シーズンでは心も技術面もパワーもその目標とするレースで戦えるレベルまでたどり着くことが出来るのかと不安では有ります。
ですが監督に、強き面々に大きな夢を与えて頂きながら、バカみたいに夢見がちに、時にへこたれながらも進んで行きたいと思います。
一人では何も出来ない弱い私ですが、今まで通り優しく見守って頂けたらと思います。
自転車を通し更に良い出会いがあります様に頑張ります。
よろしくお願い致します。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL